×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

作家・荻野アンナさんが経験した「うつ病」の症状

作家・荻野アンナさんが経験した「うつ病」の症状

作家の荻野アンナさんが経験した「うつ病」の代表的な症状は以下の2点でした。

<症状1:眠れない>
寝ようと思っても、なかなか寝付けず。

<症状2:目が覚めても起きられない>
朝、目が覚めても2時間以上布団から出られない。

荻野アンナさんは次のように語ります。

「目は覚めるんだけれども、起きあがれなくて、布団かぶってウーッっていう。なんか、頭の上に石のドラえもんが乗っかっているみたいな・・・。」

さすがに心配になったアンナさんは心療内科を受診。

すると、うつ病と診断されました。

病院では抗うつ薬を処方されれました。

「抗うつ薬でなんとか乗り切れるかもしれない・・・」と思ったのもつかの間でした。悲劇はそれだけでは終わらなかったのです・・・。

将来を約束した恋人にガンが発覚。食道ガンです。そして、1年2ヶ月の闘病の末、最愛の人を失うことに・・・。

しかし、泣いている暇はありません。

目の前には、年老いた両親が2人。彼女は必死で介護を続けました。

そんなある日、病院で大変な事態が・・・。

看護師:
「あの、お父さん、いつお食事を摂られましたか?」

アンナ:
「今朝ですけど。」

看護師:
「ダメじゃないですか、今日は検査の日ですよ。」

アンナ:
「あ〜、ごめんなさい。」

検査の日であることを忘れ、荻野アンナさんは父親にご飯を食べさせてしまったのです。

この看護師さんの何気ないひとことを受けた荻野アンナさんは、この後、お父さんを9階まで連れて、9階から飛び降りようかしらと考えてしまったのです・・・。

とうとう、無理心中を考えるまでに追いつめられてしまった荻野アンナさん。

一体、彼女の身体の中で何が起こっていたというのでしょうか?

荻野アンナさんがうつ病になってしまった原因とは何だったのでしょうか?

「うつ病」になる原因と「うつ病」になりやすい性格の人に続く »

ウツ・不安・不眠用メンタルケアサプリメント「ヌースピリッツ」

ウツ・不安・不眠用メンタルケアサプリメント「ヌースピリッツ」

医療現場でも使われる特許取得のウツ・不安・不眠用メンタルケアサプリメント。
「ヌーススピリッツ」は、ストレスの多い今、ウツ・キレる・情緒不安定・イライラ・不眠など深刻なメンタル面のツラさが続く時にチカラを発揮してくれるサプリメントです。原料には天然素材である水溶性低分子キトサンを使用。
この原料はメンタル面への働きから、米国に引き続き、日本でも特許を取得しているため、確かな飲み応えと安心度はお墨付きです。