認知行動療法で柔軟な考えを持ち「うつ病」を治療

認知行動療法で柔軟な考えを持ち「うつ病」を治療

認知行動療法とは、悲観的に陥っている状態をカウンセリングを通して修正する精神療法の一種です。

認知行動療法の考え方は、健康な人のうつ状態の予防にも応用できる可能性があるのです。

通常、うつ病の状態では、前向きな考え方をしようと思っても、なかなかうまくいかないものです。

そこで、この治療では、自分の状態を次の3つの項目に整理して、考え方を修正していきます。

  1. 状況:嫌な出来事が起きた時は?
  2. 思考:それをどう考えた?
  3. 根拠:なぜそのように考えた?

これらを順に明確にします。

掃除ができないだけで自分を責め、落ち込んでしまう「うつ病患者」の場合

  1. 状況:掃除ができない時
  2. 思考:掃除ができない自分はダメな人間だと思ってしまう
  3. 根拠:普通の主婦なら掃除ができて当然だから

こうして、患者自身が自分の問題を客観的に整理することで、柔軟な考えを持つ準備ができるようになります。

柔軟な考えとは、1つの考えにとわられず、多様な考え方を持ち、気分を前向きすにすること。

では、どのようにすればよいのでしょうか?

Aさん(30代女性)の場合

数ヶ月前にうつ病を発症し、現在は会社を休職中。

薬の治療を受け、日常生活はできるようになってきているのですが、なかなか社会復帰ができません。

Aさん:
「会社を辞めたくないんですが、でも行こうと思うと体が震えるので。でも行かないといけないという葛藤が続いています。」

Aさんが会社に行くことがつらいのは、上司との関係がうまくいっていないことだそうです。

Aさん:
「挨拶しても、挨拶してくれない状態なんですよ。少しでも気に入られるようにするために色々考えるんですが、分からないんです。」

<Aさんの認知行動療法>

  1. 状況:上司に無視された
  2. 思考:自分は嫌われているので、会社にはいられない
  3. 根拠:自分が挨拶をしても返してくれない

そこで、先生からAさんの考え方を一気に柔軟にする一言がかけられました。

先生:
「他の同僚の方が同じように悩んでいらっしゃると。その同僚の方にちょっと声をかけてみようかなと思った時に、同じような悩みについてどういう風に声をかけてみる?」

先生は、「同じ立場の人に声をかけるとしたら何と言う?」と、立場を一気に変える質問をした。

Aさん:
「”聞こえてないだけじゃないの”って。”おはようございます”っていうのが、聞こえてないだけかなって。」

先生:
「それを逆に自分で、聞こえてないだけじゃないのって言われたらどうでしょう?」

Aさん:
「だいぶ、気持ちが楽にはなります。」

先生の一言で、これまでになかった考え方に気付くことができたAさん。

もちろん、認知行動療法は一度の治療で解決するわけではありません。

通常、数ヶ月ほど続けられます。(※治療期間は患者さんの状況や面接内容によって異なります。)

認知行動療法では、カウンセリングのみでなく、柔軟な考え方を日常生活で実践してもらいながら治療が続けられていきます。(※必ず専門医の指導のもとに行いましょう。)

・カウンセリング
  ↓
・日記等で考え方を整理
  ↓
・柔軟な考え
  ↓
・カウンセリング

そして、柔軟な考えができるようになった頃、脳の機能も回復してくるのです。

先生は次のように語ります。

認知行動療法は非常に細かいその人に合った治療法なんですけれども、この4月から病院でも保険を使った診療が受けられるので、色々な施設で治療を受けることが容易にできると思うんですね。
今の日本では最初から認知行動療法だけで治療することはなく、たいてい、抗うつ薬と同時に認知行動療法という形で一緒にやっていって、うつ病が治った段階で今度は、再発予防のために、認知行動療法を外来で続けていくと。この認知行動療法を加えた場合、再発率も低いということが分かっていますので、これからは非常に有効な治療法だと思います。

まとめると、

うつ病の人には・・・
(1)抗うつ薬
(2)認知行動療法

治った人には・・・
(1)再発予防として認知行動療法

このような治療法が今後は有効だということです。

トップページに戻る »

ウツ・不安・不眠用メンタルケアサプリメント「ヌースピリッツ」

ウツ・不安・不眠用メンタルケアサプリメント「ヌースピリッツ」

医療現場でも使われる特許取得のウツ・不安・不眠用メンタルケアサプリメント。
「ヌーススピリッツ」は、ストレスの多い今、ウツ・キレる・情緒不安定・イライラ・不眠など深刻なメンタル面のツラさが続く時にチカラを発揮してくれるサプリメントです。原料には天然素材である水溶性低分子キトサンを使用。
この原料はメンタル面への働きから、米国に引き続き、日本でも特許を取得しているため、確かな飲み応えと安心度はお墨付きです。